自動車の購入時に現金支払いとローン支払いの違い ( user207 posted on 11月 28th, 2016 )

自家用車を買う際には、ローンを利用したほうが都合がいいか判断に困ることがあります。車は、現在の生活の中では必要不可欠ともいえるもので、多くの人が自分の車を使える状況にあります。人によっては通勤の手段として必須の存在になっていますし、普段から買い物や、人と会うために車がないと不便だという方もいます。生活を営んでいくためには車が果たす役割はとても大きいものですが、購入に必要なお金は高いため、何とかしてお金を用立てなければなりません。古くなった車でも何年も乗り続けていたり、むしろ新しい車を買ったほうがいいとは感じながらも見送ることになったりと、車を買いたくても買えない状況にあるという人は多いようです。まとまったお金を出す踏ん切りがつかないと、新しい車を買うことはできません。車を買うためのローンを組む人と、ローンに頼らず自己資産で支払いを済ませる人がいます。ローンを否定的に捉える人は、他人からの借金にいい印象を持っておらず、お金を借りること全般を避けるべきことと考える傾向があります。けれども、現金で払ってしまうより、カーローンを利用して自動車の支払いにあてるほうが、結果的にお得な場合もあります。車を買う時には、ディーラー側がどこまで値引きをしてくれるかも重要です。ローンを組んで車を買う時は、現金で支払い時よりも、ディーラー側が値引きの要請に応じやすいようです。現金一括払いのほうが、ローンを組んで支払うよりも、利益が小さくなってしまうので、ディーラーの立場からすれば、値引きが困難になります。ローンを組んで自動車を買う場合、利息をプラスして支払うことになるので、そこから生じる利益分が、値引きに転化できるのです。自動車を買う時にはローンを利用することで、ディーラーが値引き交渉に応じてくれやすくなるというメリットがあるといえます。

門前仲町 アイフル

COMMENTS: Comments Closed

Categories: 生活費が足りない

top